Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/ritsu/public_html/index.html on line 49

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/3) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/ritsu/public_html/index.html on line 49

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/ritsu/public_html/index.html on line 51


マタニティヨガ

マタニティヨガは、ヨガをすることによって健康的な妊娠生活を送ることを目的とするヨガのことである。

ヨガの呼吸法により出産などを行いやすくするといわれていて、また妊婦に必要な筋肉などを鍛えてくれる効果や、心のリラックス効果などもあるようである。

近年ではマタニティヨガを行う病院なども増えているようだが、ヨガ以外にも妊婦用の運動法はあり、妊娠中の適度な運動は妊婦の体にも良いようである。


マタニティヨガは、もともと妊娠中の運動を考えて優しい運動になっているが、運動前などには準備も必要である。

マタニティヨガを始める2時間前には食事を終えていること、動きやすい服装で滑らない場所を使用することなどが主な注意事項である。


マタニティヨガのポーズのうちのひとつとしては、次のようなものがある。

あぐらをかくときのように足を組み、足のつま先を両手でもち背筋を伸ばす。

首を回しながら、ゆっくり息を吸ったりはいたりを繰り返す。

ポーズは、だいたい5〜15回くらい繰り返す。


ホットヨガの効果

ホットヨガは自宅でもできる方法のひとつである。

手軽に行うならジムに行くという方法もあるのだが、方法としては部屋の室温を38℃〜39℃、湿度をだいたい60〜65%に設定して汗をかく方法です。

温度により筋肉をやわらかくする効果があり、また湿度により気分を快適にして行うもののようで、ホットヨガはこの温度と湿度の設定がカギになるようである。

ヨガを始めて行った人の場合、ヨガが終わった後に翌日などから体が痛くなるなどといった現象がある。

これは平常の体温では筋肉が切れやすくなっているためとされ、ホットヨガではこの筋肉が切れにくくするためもあり設定温度を高くしているようである。

また、湿度が高いと気分よく運動を行えるようだが、逆に湿度があまり低いと肌が乾燥し、湿度が高すぎると汗をかいても蒸発しにくくなるので不快になるようである。

ホットヨガでは汗をかくことが人気の原因のひとつのようだが、運動不足やクーラーの普及などで汗をかきにくくなっている現代の生活の中で、ヨガにより汗をかくことで体の中をきれいにする効果もある。


ヨガの呼吸法と効果

ヨガの呼吸法は腹式呼吸で行うが、正しくは横隔膜を上下させることで呼吸を行うため「横隔膜式呼吸法」という。

横隔膜を動かして肺の周りを大きくしたり小さくしたりすることで呼吸を行っていく。

この腹式呼吸法は、人間を含む哺乳類のもつ本来の呼吸法なのである。

へその下の丹田というところを意識しながら、おなかから呼吸をするのが腹式呼吸である。


具体的な方法としては、まず正しく座り、背筋を伸ばす。

おへその下の丹田と呼ばれる場所に手を当て、手に力をいれながら鼻から息を吐いてゆく。

息を吐いたら、手の力を緩めながら息をゆっくり吸ってゆく。

これをだいたい5分ほど繰り返すのだが、ゆっくり続けることができる人はもっと長くやってもかまいない。

この後手の平を上に向けて膝の上において目を閉じゆっくり呼吸を行う。


ヨガの際に行う腹式呼吸法のよい点としては、体に酸素が行き渡ることによってエネルギーが体をめぐりやすくなり、新陳代謝も高まる。

ヨガを行うときは、酸素が頭にもよくめぐり頭がさえ、リラックスしてくる。

また、腹式呼吸を行うことで右脳が働き出し、アルファー波がでてくることで気持ちが落ち着いてくる効果がある。


ヨガのインストラクター

ヨガのインストラクターになるには資格などがあるわけではない。

ヨガのスタジオやヨガ教室などで行われるヨガインストラクターの養成講座などを受けることで、ヨガの団体や会社などが発行する認定資格というものをとる場合が多いようである。

資格をとっても無駄という事になるわけではないようだが、基本的には実力の世界のようなので、はじめはそのスタジオやスポーツセンターなどの規則にのっとって仕事を行うことになるようだが、なれてくるとオリジナルの授業を持たせてもらえることもあるようである。


ホットヨガの養成講座などもあり、値段は英会話教室と同じぐらいはするようである。

期間は3ヶ月ほどで、養成講座の終了後には自宅での独立なども可能なようである。

ヨガのインストラクターによっては、フィットネスだけではなく瞑想なども教えることができる人がいるが、それらの人は日本で修行をしながらも本場のインドでのヨガの習得をしている場合が多い。



link
激安ショップリンク集 リンパマッサージの方法 リンパ浮腫の症状 足裏デトックス・フットバスの効果 ボトックス注射 小顔・多汗症 効果 一重・奥二重 アイメイクの方法・仕方 育児のアドバイス 子育て バストアップ(豊胸) マッサージ  アトピー性皮膚炎 赤ちゃん 入浴 リフレクソロジーの資格 効果 セルライト対策 解消 産後ダイエット 成功 マカ 不妊解消効果 小顔 マッサージ エクササイズ カラーコーディネーター 検定 資格 情報処理技術者 試験 ネイルアート 資格 音楽療法士の資格 仕事・給料 生活習慣病 原因 予防 治療法